さとこのブログ〜乳がん患者の家族が考えていること〜

乳がん(アポクリンがん)患者の家族として思ったことを、気が向いたらつらつらと(^O^)

10ヶ月検診と、タンゴと

今日は母の検診の日。血液検査、マンモ、エコーを受けてきました。来月骨シンチを受けて、再来月に骨シンチの結果が分かります。

いまの所、特に問題はないらしいです。ほっ(^。^)

髪の毛も少し量が増えてきました。調子も良さそうです。ごはんも甘いものも、パクパク食べていますヾ(@⌒ー⌒@)/ オイシ〜!


////////////////////////////////////////////////////////////

母を病院に送り届けた帰りに図書館に寄って、ピアソラのCDを借りました。『アディオス・ノニーノ』という曲が聴きたかったからです。

《1958年、ピアソラはそれまでの活動にマンネリを感じ、ブエノスアイレスを出てニューヨークに移住した。しかし、約束された仕事はなく、活動はまったく期待外れだった。経済的に困窮したピアソラは、食べるためにナイトクラブでタンゴダンスショーの伴奏をしていた。

1959年10月、ファン・カルロス・コーペス舞踏団とともにプエルトリコ巡業中、父親ビセンテ(愛称ノニーノ)が故郷で亡くなった知らせを受けた。しかし、ピアソラにはアルゼンチンに帰る旅費がなかった。ニューヨークに戻り、失意のなかで亡き父に捧げて作曲したのが「アディオス・ノニーノ」である。》

(Wikipediaから引用)



Tango - Piazzolla - Boda Real, Maxima Zorreguieta.mpg

オランダのマクシマ王妃が結婚した際に演奏された映像がありました。

彼女はアルゼンチンのブエノスアイレス出身。大学卒業後、ニューヨークの銀行に勤めていた時に出会ったオランダ王子(当時)と知り合い、その後交際。

マクシマの父・ホルヘは、軍事独裁政権だったビデラ政権下で農林大臣を務めたことがあり、そのことが問題になります(ビデラ政権については『汚い戦争』に詳しいです。3万人もの人が粛清された恐ろしい国家テロです)。

結局ホルヘは粛清とは無関係ということが証明され、マクシマは王子と結婚できることになりました。しかし、父や母は結婚式には来れず…。『アディオス・ノニーノ』を式場で聴いて、マクシマは故郷に居る家族を思い、涙します。

////////////////////////////////////////////////////////////

家族を思う気持ちにお国は関係ありませんね。