さとこのブログ〜乳がん患者の家族が考えていること〜

乳がん(アポクリンがん)患者の家族として思ったことを、気が向いたらつらつらと(^O^)

ガイアの夜明け〜外食王3

テレビ東京のビジネス・ドキュメンタリー番組を見ました。

立ち飲みの居酒屋、パン屋、デリバリーピザの会社…と3部構成だったのですが、トリを飾ったデリバリーピザの会社に対して、違和感を感じました。

徳島県にある宅配ピザの店。働くのはA店長(51才)ただ一人。年老いたお母様と2人暮らしをしています。

注文の受付、ピザの製造、宅配まで一人でこなします。宅配から帰ったら、ネットの注文も入っています。4年前からこの会社で働き、2年前に居たアルバイトが辞めてから、ずっとワンオペで仕事をしています。

仙台にある会社の本部では「脱・宅配」を掲げ、約5畳のコンテナに小さいオーブン(1:30で1枚しか焼けない)を設置し、一人で運営できる店を構想しています。

「脱・宅配」1号店の店長として白羽の矢が立ったA店長、仙台の研修センターまで行って、常務やトレーナー達に教育を受けます。本部社員に、謙虚に接するA店長。

コンテナの新店舗は、A店長がワンオペをしていた店のオーナーが持つ土地の駐車場に設置されました。オープンの日の予算は15万。フタを開ければ33万の売り上げ。それも、A店長以外に3人の応援が入って、てんてこまいになりながらの運営で乗せた売り上げです。


・1人で運営をさせるという前提がそもそも間違っているのでは?

・100歩譲ってワンオペさせるなら、それ相応の店舗オペレーション、環境整備が必要では?

・法定時間外・法定休日労働は36協定内の時間に収まっているのでしょうか?


デリバリーピザ会社の幹部たちは、このテレビ放送を見て、どう思うのでしょうか?

ワンオペで酷使され、必死にピザを焼き続ける従業員の様子を見た、目の前にいるお客様は喜ぶでしょうか?美味しくピザを食べられるでしょうか?

少なくても私は、この会社の食べ物を口にしたくはありません。


A店長、逃げて!痩せていらして、疲れている様子がひしひしと伝わってきて、とても悲しくなりました。失礼ですが、とても51才には見えませんでした。なんとなしに見たテレビで、こんな気持ちになるなんて…。A店長ほどの頑張りが出来るのであれば、お母様と同居したまま、もっと恵まれた職場に出会えるのではないか、と思うのは、私が徳島県の求人状況を知らないからでしょうか。

平熱

さっき測った体温


ここひと月ほど、体温が高いです。もっと前から高かったのかもしれませんが、1ヶ月前から職場に体温を報告しなくてはならなくて、測ってみたらほぼ毎朝37度を超えています。

体温が高い以外には体のどこにも不調はなく、寧ろ元気です。自律神経が乱れているのか、代謝がとっても良いのか…。

自分の平熱は36.2度くらいかと思い込んでいたのですが、きちんと計測したほうが良さそうですねσ(^_^;)

あと私は自分の部屋のエアコンは付けない主義?で、10年以上稼働させていません(エアコンって効き過ぎて苦手)。毎年扇風機で乗り切ってきました。

今は扇風機とアイスノンで乗り切っていますが…(;´Д`A 今年の夏は無理そうです!

熱中症になる前に、新しいエアコンを買いに行きます…

3連休?

もちろんお仕事でしたψ(`∇ ´ )ψちょっと疲れました…でも充実!


1年前の今頃、食べた松茸。

この1週間後、母は乳がんの告知を受けました。家族みんなが、がんを覚悟していたので、この後起こりうる困難を考えて、私が

【今のうちに食べられるものを食べさせたい*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*!】

という気持ちで、木曽路(しゃぶしゃぶ屋)に行きたいなと思い、食事しました。


あれから1年!!

母は、元気です。

昨日私が買って行った抹茶のどら焼きを喰らい、自分で買ったプチシューを喰らい…

何だか食べ物の話ばっかりですが(笑)、食べたいものを食べられる幸せってとても大事だと思うので、母がごはんを美味しそうに食べてくれると、私は嬉しいです。


唐突に、西原先生。