さとこのブログ〜乳がん患者の家族が考えていること〜

乳がん(アポクリンがん)患者の家族として思ったことを、気が向いたらつらつらと(^O^)

つつじ祭り

今年は開花するのが早く、ゴールデンウィークには散ってしまうかもと聞いていましたが、ギリギリ間に合いました。枯れた花もまた美しいですね。

神社に参拝して、母の病気のことを色々願ったりしました。父のことをすっかり忘れていたので、最後に父の健康も願いましたm(_ _)m 神様も呆れているでしょう。

最近は母の体調も回復し、今日はお昼ごはんも一緒に食べに行けました。がんであることを忘れるくらいです。私の病気は行ったり来たりですが、薬を上手に使いながら?生活しています。


それにしても暑い一日でした。日傘をささずにいたことを後悔しました。

明日からお天気が崩れるようですから、あまり頑張り過ぎないようにしたいと思います。

思うようにはいかない

母の病が日に日に悪化してます。と言っても、がんでは無く、別の病気です。

周りの人には、どーにもしてあげられないことは分かっているので、ただただ話を聞くだけです。

今、この時点では私も落ち着いているので、母に限らず、同じような病気を抱えている人たちの話を聞くと【あぁ、思考がマイナスの方向に行っちゃってるんだなぁ〜】と思えます。

でも、その【マイナスの思考】だったり【考えすぎ】だったりすることも、決して『間違え』でも無いし『悪いこと』でも無いんです。

暗い洞窟の中に迷い込んでしまうような気持ち。

こればっかりは、しょうがない!

人は、迷います。

悲しみの度合いも、受けるダメージも人によって異なります。

一筋の光が見えるまで、5分掛かる人もいれば、1年掛かる人もいます、もしかしたら20年掛かるかもしれません。いつかは光が見えると信じて、毎日を過ごすしかないんです。つらいですけど。

気持ちが分かるだけ、つらいです。でも、良くなると信じてます。

ひさびさにまともな食事を

連勤だった為、料理が疎かだったここ数日…。疲れもあり、体に良く無いものをひたすら胃の中に入れるような食事が続いていました(~_~;)そうすると体も重くだるさがなかなか抜けません。

お休みの日、通院の帰りに外食を。迷ったけど近所で済ませました。

バランス良く食べたかったので、小鉢たくさんのお膳にしました。


帰宅後、母の話を聞きながらお菓子を食べて、晩ご飯を作る時間までお昼寝…やっと疲れが取れた気がします(^O^)♫

日中は本当に暖かいですね、半袖の人もちらほら見掛けました。満開の桜も良いですが、葉桜が好きな私には嬉しい季節です。