さとこのブログ〜乳がん患者の家族が考えていること〜

乳がん(アポクリンがん)患者の家族として思ったことを、気が向いたらつらつらと(^O^)

『振り回され過ぎないように』

きれいー。


母は今のところ無事に、2つ目の抗がん剤(UFT)を服用しています。がんに関係なく、これからも気分の上げ下げは当然あると思います。

先日、大先輩からお電話を頂いた際に『(母の体調に)振り回され過ぎないように』との金言を頂きました。

私に仕事上の転機がある時、毎回母の具合が悪くなります。本当にタイミングがぴったりで、今回も戸惑いがありましたが、以前よりは私に対するダメージは少なかったです。

2018年、殻を破るとまで大袈裟ではありませんが、私がやりたいようにやる為に、私は行動を起こして新しい道に進もうとしています。

上手くいったら儲けもの。上手くいかなったらそれはその時。周りの人の考えやレベルを認識出来るようになれた、復職してからの貴重な2年間でした。


これからの母の治療がうまくいったら儲けもの…うまくいくと信じて、笑って毎日過ごしたいです(^O^)!

ミモザを見つけました

先日出かけた動物園で、ミモザが咲いていました。動物も色々見たのですが、植物の方が気になる私。色が鮮やかな南国の鳥や蛙が印象的でした。

はっ、とする位に綺麗な色のフラミンゴ。


貴重な動物だったり、保護が必要な動物が居るのも重々承知なのですが、大きな羽を持った鳥を見ると、檻が狭くてかわいそうだなとちょっと思ってしまいます。

震災から7年

どんなに怖かったでしょう。どんなに心細かったでしょう。


当時の私は、お店の4階で仕事をしていました。揺れの最中、ご年配のご婦人と抱き合って倒れないようにお互いを支えました。お客様を守らなきゃという気持ちの反面、家族がいまどうしているのか心配でなりませんでした。


いま、私のいる部屋の横から、母の寝息が聞こえます。

明日は病院です。

UFT初日の予定ですが、多分、無理でしょう。

一緒に居てくれて、お話ししてくれるだけで、私は楽しいです。母とやり取りできる日が、一日でも永く続きますように。