さとこのブログ〜乳がん患者の家族が考えていること〜

乳がん(アポクリンがん)患者の家族として思ったことを、気が向いたらつらつらと
(^O^)

家族でごはん

夏に母が受けた手術のことを書こうと思うのですが、なかなか書き進めることが出来ません。

特に、今日のように天気が良くてお出かけしたい日には病気のことではなく、楽しいことを考えたいですね。


という訳で、食事のお話です。

母は今、抗がん剤治療中です。

先日、点滴を受ける前の日に家族でごはんに行きました。

これは私の煮込みハンバーグ


母は「肉を食べれば元気が出るかも… *:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .」と、ビーフシチューにしました。父も私も肉です。

母は、食事制限は特にしていません。刺激物や生ものは元から好きではなく、比較的食べたいものを食べています。ただ、食べる量は多くなく、ビーフシチューも半分は私と父のお皿に。その代わり、野菜をあげました。


自分の口から食事をとる、味を感じて、飲み込む。食べる楽しみは、人生の中で「幸せだ」と感じる大きなウエイトを占めると思います。