さとこのブログ〜乳がん患者の家族が考えていること〜

乳がん(アポクリンがん)患者の家族として思ったことを、気が向いたらつらつらと
(^O^)

副作用

退院後は1ヶ月半ほど脇の下の痛み(シクシクする)や、倦怠感に悩まされていました。リンパ浮腫にならないよう、病院でリハビリのやり方も習ったので、痛いながらもゆる〜く腕を動かしていました。運動やストレッチが大嫌いな母にしては、頑張っていたな…と思います。


9月中旬

CMF療法の開始。毎回血液検査をして、結果が出るまで1時間程待ち、そのあとに点滴で抗がん剤治療を行います。点滴を打っている間は、薬剤師や看護師に話し掛けられることもありますが、基本的に暇で、目をつぶって流れているラジオに耳を傾けているようです。

同じ部屋には他に抗がん剤治療を受けている患者が何人もいて「色んな年齢の人がいて、働きながら抗がん剤治療をしている人もいるみたいだけど…私にはとても無理。すごいと思う(´・_・`)」とのこと。つい先日も治療を受けて来ましたが、母以外は全員ウイッグだった、と言っていました。皆さん、一生懸命治療に取り組まれて、病院を出たらそれぞれの生活に戻っていくのですね。

母はというと、初めての抗がん剤治療の日から胃の痛みとだるさ、食欲不振を訴え、3回目(2サイクルの第1週)を受けた日の夜中、一睡も出来ず、布団の中で泣きながら「治療はもう無理だ」と思ったと、最近聞きました。


現在4サイクル目ですが、今ある副作用としては

・胃の痛み

・背中の痛み

・全身の倦怠感

・便秘

・脱毛(言われてみれば薄くなってきたかな、程度)

・指の爪の変色(1本だけ、薄く黒い)

・白血球の低下

が上げられます。ただ、全てがいっぺんに症状として現れるのではありません。

倦怠感は抗がん剤治療を受けた日が一番つらいようです。そして一週間くらいはだるい感じが続きます。

食べ過ぎた日によく胃が痛いと嘆いているので、「胃が弱っている」のかなとも思います(胃が弱っていても食欲に勝てない母…食欲が戻ったことは、とても良いことですがちょっと心配…)。 ( ;´Д`)タベスギチャッタ〜

脱毛は、3サイクル目が始まる頃に目立つようになりました。

先日、白血球を増やす薬を処方されました。


外出は基本的に車でしており、電車に乗ってどこかに出掛けることはしていません。来週久しぶりに電車で外出する予定でいますが、10分位で着く場所にしようと話しています。楽しみです。



おまけ

私が通勤時間に電車の中で書いていたノートです。根詰めると良くないと思ったので、今は書いてません。