さとこのブログ〜乳がん患者の家族が考えていること〜

乳がん(アポクリンがん)患者の家族として思ったことを、気が向いたらつらつらと
(^O^)

胡粉ネイル

黄色いバラ。名前は忘れました。旧古河庭園、来週あたり行きたいです!


ある種の抗がん剤は、副作用で爪が変色したり割れたりすることがあります。

母は面倒くさがりなので、元からネイルはしていません。ただ、指先が目につくと気になるからと、抗がん剤治療が始まる前から「マニュキアを探して欲しい(p_-)」と言われていました。

調べてみると、岩絵具等を販売している上羽絵惣(うえばえそう)さんで、除光液を使わずに落とせて刺激臭がしない『胡粉(ごふん)ネイル』を見つけました。色も可愛らしい品揃えで、販売店(薬局)を調べ買ってみました。マニュキアと一緒に、専用除去液と除去シート(コットンに液体が染み込ませてある)も併せて購入。除去液はエタノールが使われています。

『薄花桜』は、ほんのり色づいているような、こんな感じです。匂いはなく、伸びがよく塗りやすいです。因みに仕事のある日の朝塗って、夜に見たら右手の親指以外は爪先が少し剥げていました。ベースやトップコートを塗れば、もっと持ちが良いと思いますが、やはり普通のマニュキアよりは落ちやすいかなと思います。

また、自爪の色が変わっている場合には、もう少し濃い色が良いかもしれません。

《かもしれない》というのは、母は結局マニュキアを使っていないからです。いまは2本の爪に薄く黒い線が入っているのですが、例によって「面倒くさい(^-^)」から塗っていません…。爪を保護するオイルも「欲しい!(^O^)」と購入したものの放置されており、使わないの?と聞いたら「あげるよっ(^◇^)」……。

本人が気にならないなら、別にいいかなぁと思います。笑っていられれば、すべてよし、です。


「胡粉ネイル」

https://www.gofun-nail.com