さとこのブログ〜乳がん患者の家族が考えていること〜

乳がん(アポクリンがん)患者の家族として思ったことを、気が向いたらつらつらと
(^O^)

入院準備期間のこと

☆お金のこと

入院・手術となると医療費が高額になので、病院窓口で支払う額を予め自己負担額までにするために高額療養費制度の「限度額適用認定証」をもらっておきました。7月末に問い合わせした所、8月から1年間有効なので8月に入ってからの申請を勧められました。

※差額ベッド代は高額療養費制度の対象外です。母は個室だったので、その分は自己負担でした。


☆病院に持ち込んだもの

・院内用の履き物(介護ショップで1500円位で購入)

・替えの下着

・胸帯(院内の売店で3000円で購入)

・前開きブラジャー

・洗面道具

・テンピュールの座布団、背もたれ

・ハンカチ

・化粧道具

・小銭入れ※

・雑誌※

・カーディガン※

・ペットボトルに取り付けるストロー※

※は、使わなかったので持って帰ってきたもの。あと100均のカゴをS字フックでベッド引っ掛けて小物入れにすると便利と聞いていましたが、机があったので特に必要ありませんでした。飲み物は毎日見舞いに行っていた父が冷蔵庫に補充していたので、母が売店で買うものはありませんでした。雑誌も読める心境ではなかったとのこと。入院が夏だったので、羽織や靴下も必要なく、院内では快適に過ごせたようです。


院内履きは、脱ぎ履きするのが楽な靴なら何でも良いと思います。乳がんの手術の場合、手術翌日には一人で歩く方も多いようですね。

胸帯は術後に必要なので、何も迷わずに売店で買いました。

探し回って大変だったのが、前開きのブラジャーです!ユニクロやスーパー等で見つけた〜という方もいらっしゃいますが、母のサイズに合うものがなく、ネットで探して実店舗で試着して購入。前開きブラジャーについては、詳細は後ほど…。いや〜本当に大変だった!。・°°・(>_<)・°°・。

座布団と背もたれは、室内の椅子に座りたい時に便利でした。ベッドで起き上がったまま過ごすのは大変なようです。家にあったものをそのまま持って行きました。


☆患者

そして、お金ではどうにもならないこと。

母本人の、体調、気持ち…のケア(出来ていたのか、全く自信がなーい!!)

どれだけ不安だったか想像もつきませんが、入院日が決まった後の手術に対する恐怖心は日に日に積もっていき、手術直前までずーっと気持ちが不安定で、腹痛も起こしていました。


この頃になると私も頭の中で

【母が死んじゃったらどうしよう】

【母が苦しんでいるのを見ているのがつらい】

等、乳がんのことで頭がいっぱい(?)で疲労困憊でした。そして体調を崩しました(ノ_<)


これはもう、時間が過ぎるのを(手術が無事に終わるのを)待つしかありません。母や私がどんなに悩もうが結果は一緒です。入院するまで時間があると色々考えてしまいますが、それは仕方のないことです。

なるべく楽しい話をして、一日に一回はバカ笑いが出来れば、もうそれだけで【はなまる】です(*^o^*)!!